家計管理でよくある会話

PVアクセスランキング にほんブログ村

こんにちは、かえ夫です。

あなたの家の家計管理は誰が行っていますか?

我が家は私が中心に家計を管理し、いつでも共有できる状態になっています。

これは友人との会話でたまにある内容です。あなたはこの友人のように自分の人生を配偶者に預けすぎていないですか?

ある日の会話

かえ夫

Bの家は家計は誰が管理してるの?

友人

うちは妻が管理してるよ

かえ夫

そーなんだ?今どのぐらいお金があって、今後どのぐらい必要になるかって共有してる?

友人

全くしてないし、よく分からん

かえ夫

えぇ!?気にならへん?

友人

お小遣い以外は気にならんよ

かえ夫

2人で稼いだお金なのにどーなってるか気にならんの?

同僚A

まぁ、妻が上手いこと管理するでしょ?
面倒くさいし、俺はいいわ。

かえ夫

なんでや!?上手に管理出来てない可能性もあるんやで?
管理しないまでも共有だけはした方がいいんやない?

友人

んんー、まぁ面倒くさいやん

かえ夫

熟年離婚した日には奥さんのやりたい放題やな(笑

かえ夫一家の家計管理

私の家は結婚当初に妻が家計管理を放棄した為、最初からかえ夫が管理していました。

とは言っても私自身は結婚前は貯金も全く無く、給料は全て2週間程度でパチンコにつぎ込む状態、結婚当初夫婦で貯金50万円未満の状態で我が家の結婚生活はスタートしました。

そんな私が思う家計管理で重要な事は、見える化強い意志だと思います。

目次

家計管理は自分事

見える化は今いくらあるのか、今月いくら使ったのかを見えるようにすることです。

1.収入(夫収入、妻収入、その他)

2.支出(変動費:食費、消耗品費など、固定費:家賃、保険、通信費などを可能な限り分ける)

3.金融資産(貯金、定期預金、保険、株など)

これらがあなたはすぐに分かりますか?

営業職の方であれば、会社では幾ら使って幾ら売上があったか、利益が出ているか、損失が出ているのか、投資計画は、目標に対しての進捗率はどうなっているかと様々な分析をしているはずです。

仕事としては出来ている事が家に帰ると全く出来なくなってしまう人がほとんどではないでしょうか。

仕事と自分の生活どちらが大事なのでしょうか?

なぜ仕事で出来る事が家庭で出来ないのでしょうか?

仕事は自分を含めた家族がより良い生活、人生を楽しむ為の一部です。

自分の生活の責任は自分以外取ってくれる人はいません。

なぜ家計を共有するのか?

お金を前に人の意思はよわよわです。

一人の管理で強い意志が持てる人は何か明確な目標や、将来に漠然と大きな不安を抱えている。もしくはお金を貯めるのが趣味の人ぐらいでしょう。

私もよわよわな一人です。良いと思うものがあれば欲しくなるし、一度使い始めると止まらなくなります。

特に今は辞める事が出来たギャンブルでは財布の紐がありませんでした。

そんな私でも結婚してから10年以上、家計管理で強い意志を持って極力無駄遣いを避けて生活が出来ています。

なぜかと考えると、妻がいつでも家計の状況を確認出来る状態にあるからだと思います。妻が家計に興味が無く、私だけに任せていた状況だとすると緩みが出ていたと思います。

我が家はお互いお小遣い制ですが、家計を共有していない場合お小遣いを追加補充しても妻には分かりません、何か買ってきてもお小遣いから買ったと言えばよほどのことは気付かれないでしょう。

あなたの奥さん、夫はあなたがお小遣いだけで過ごしている中、無駄遣いをしている可能性はありませんか?

気付かない様にヘソクリを貯めて、自分だけが良い思いをしている可能性はありませんか?

それを許容出来る方にはもう何も言いません。しかし、お互いの満足度が同じだけ上がる使い方が出来るよう二人で共通意識を持つこと、その方が私は幸せだと信じています。

この記事を読んで少し家計が気になる方は、配偶者へまずは金融資産額を定期的に確認することから始めてみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる