格安sim比較「楽天sim」と「BIGLOBEsim」使用のメリット、デメリット

PVアクセスランキング にほんブログ村

こんにちは、かえ夫です。

あなたは通信費の見直しは行いましたか?先日の記事では私と同僚との会話で通信費を変えない人について話しました。

今回は通信費を変えたいと思っているが、何に変えたらいいか分からないという方に私の過去使用した格安SIMについて説明したいと思います。

私はこれまで一瞬で変更したSIMも入れると3種類の格安SIMを使いました。

私が初めて変更したのは2015年だった為、今よりも格安SIMの情報が無く通信速度がどうなるのか念入りに調べ、恐る恐る変更したことを記憶しています。

目次

BIGLOBSIMを契約した理由

理由は通信速度の安定性と価格の安さこの2点に限ります。

格安SIMはそれぞれの会社が電波の基地局を持っていません。その為、ドコモ、au、ソフトバンクのどこかの電波を使用料を払って通信をしています。

格安SIMは12時~1時、夕方~が繋がりにくいと聞いたことがありませんか?これは格安SIM会社が3大キャリアから借りている通信量を超えて、通信が行われている為です。

お昼休み、夕方はスマホを触る人が増えるピークタイムです。そのため契約者による通信量の奪い合いが起きている訳です。

当時対応が悪い格安SIM会社はこれがお昼の時間帯以外でも発生し、そのことを長期間放置するような会社が多くありました。何故ならみんなが快適に過ごせる通信量は過剰通信量であり、過剰分は3大キャリアに対し余分なお金を払っているのと同じだったからです。

そんな中、BIGLOBは通信が不安定になっても直ぐに改善してくれると評判が良い会社でした。

それでいて、価格.comで調べても常に上位にいるほどの安さを維持していました。

夫婦で使うならもっとお得

BIGLOBは他の会社ではあまり見かけない6GB以上は通信量のシェアプランがあります。

3大キャリアではシェアプランはありましたが、格安SIMではあまり見かけることがありませんでした。

また、使わなかった通信量の繰り越しも2ヶ月までは可能であったため、私は12GBの契約を1か月し、繰り越し+6GBが無くなったら、12GBへ戻すというループで可能な限り通信量を抑えるようにしていました。

夫婦2人の通信料

6G 1,870円+900円(追加SIM)=2,770円/月

12G 3,740円+900円(追加SIM)=4,640円/月

その他の特典

BIGLOBには年に1回ずつ、宝くじとビンゴのイベントがあります。

これはBIGLOBのサイトを使ってニュースを見たり、クイズに答えたりすると抽選確立が上がり賞金や商品が貰えるというものです。

最高100万円が当たるため、スマホの通信料を払いながらお金が貰えるチャンスでもあります。

私も一度ダイソンの扇風機が当たり、1年分以上の通信費相当が返ってきました。

デメリット

格安SIMを使うならどこの会社を選択しても同じですが、上記に挙げたお昼の時間と夕方は繋がりにくいということです。慣れるまでは通信の遅さにイライラしてしまう方もいるかと思います。

私は5年以上使ったせいか、最後は気にならなくなっていました。

スマホをいじるのを止め、本を読んだり同僚と話したり、スマホ中毒から解消されるきっかけになるかもしれません。

どのように契約するの?

BIGLOBのサイトで契約可能です。

契約する際はキャッシュバックキャンペーンなどがある為、価格.comなどを経由したほうがいいかもしれません。

ソフトバンクから端末を購入した方はSIMロック解除が必要となります。

ドコモの方はDSIM(ドコモシム)、auの方はASIM(auシム)を選択すれば問題ありません。

2015年~2021年4月14日までの製品をお持ちのソフトバンクの方はまずはソフトバンクショップへ行きSIMロック解除(3,300円)をしてください。その後はDSIM、ASIMどちらを選んでも構いません、ただしBIGLOBはauの傘下となったため、ASIMの方が今後良いかもしれません。

NMPを行う方はNMP番号を各キャリアに電話し取得(2000円程度)することを忘れないでください。

ただし、webサイトでの契約は送られてくるまで数日必要となります。

即日対応を希望の方は店舗検索をし、お近くの窓口で変更することも可能です。

楽天SIMを選んだ理由

2021年4月7日で終わってしまいましたが、1年間無料プランという最強プランが発売された為、夫婦2人揃って2020年4月に変更しました。

無料期間が終了した今でも使用したデータ通信量毎に料金が決まり、1GBまでは無料という最強プランが魅力です。

スマホは家のWi-Fiや無料のWi-Fiでしか使用しないという人には正に最適プランです。

電話も楽天RINKというアプリを通じて行えば無料で電話し放題です。

その他特典

楽天と言えば楽天経済圏があります。楽天ショッピング、楽天BOOK、楽天光、楽天トラベル、楽天電気、楽天証券など楽天グループだけで様々なサービスが完結します。

楽天モバイルは楽天ショッピングでのポイント+1倍の特典があります。

楽天が1GB無料プランを含め最安プランを出せるのはこの楽天経済圏への囲い込みにより投資を回収出来る算段があるからです。それぞれどこがお得か考えるのがめんどくさい方はこの楽天経済圏で全て固めても良いかもしれません。

デメリット

楽天が最強プランを出した影響か一気に使用者が増加しました。そのことにより通信速度がかなり悪化しました。

月曜日22時28分の通信速度測定 受信3.0M 送信4.0M

以前は何時でも10M以上あり遅延が全く気になりませんでした。

ただしこれは楽天の基地局が増えればいずれ解消されると思われます。3大キャリアも昔は遅延が頻繁に起きていました。これから新しく基地局を導入する楽天は5Gにも対応が柔軟に出来ますし、数年後には3大キャリアよりも使いやすくなっているかもしれません。

デメリット2

プラチナバンドって聞いたことありますか?電波が通りやすい周波数のことです。3大キャリアが寡占状態となっており、楽天にはこの割り当てがありません。そのため地下や分厚い壁の構造物では電波が入りにくいという問題があります。

楽天エリア内でなければauの回線の為、問題ありません。しかし、楽天エリア内でこのような場所では全く通信が進まないというジレンマに陥る事が多々あります。

私がたまに体験するのは大型ショッピングセンターでスマホのポイントカードが出せずレジ前でイライラ、後ろに列が出来ている日にはもういいですと断る事もしばしば。

これが楽天を使用して一番嫌な思いをする部分です。このプラチナバンドについては楽天が出来る前の割り当ての為、再度割り当てをし直してほしいと楽天が国へ働きかけを行っています。プラチナバンドについては3大キャリアの所有物ではなく、国から貸し与えている電波な為今後の動向次第では改善されるのではと期待しています。

デメリット3

楽天リンク、my楽天モバイルアプリの使いにくさです。

メリットとして、楽天リンクでの無料通話を挙げましたが、こちらは音声品質が悪いことが多いです。

通信と同じで時間帯によるものなのかは不明ですが、良い時と悪い時の差が大きく悪い時は相から電波が悪ようで聞き取れませんと言われる程です。

これに関しては電話料金はかかりますが、一旦楽天リンクからログアウトして通常の電話からかければ問題ありません。

ただし、楽天リンクにログインしたままだと電話の着信も楽天リンクを介してとなる為、電話メインの方には支障があるかもしれません。

my楽天モバイルアプリに関しては、アプリが重すぎてなかなこ開かないことに不満を感じる人は多いようです。

楽天エリア外ではauの回線5G/月という縛りがある為、低速モードへ変更する為によく使用します。

低速モードから高速モードに切り替える際になかなか開かずストレスを感じることがよくあります。

どのように契約するの?

基本的には上記BIGLOBと同じです。

楽天SIMのショップ検索はこちら

機種変更するには?

各格安SIMショップまたはサイトで購入することが可能です。

ただし、種類が少なかったりiPhoneが無かったりするので自分が欲しい機種がある場合はSIMフリーのスマホを家電量販店やネットで購入するようにしましょう。

価格.comで調べると人気の機種を調べる事が出来ます。

iPhoneが良ければiPhoneショップでもSIMフリー端末は購入可能ですし、今はどの様にも購入可能です。

突然の故障、紛失での対応は?

基本は電話での対応となります。故障の場合はスマホ保障プランに加入していれば保障が効きますし、無ければSIMフリー端末を買います。

BIGLOB、楽天共に店舗対応が可能ですので最悪店舗へ足を運ぶことも出来ます。

私は以前中国への出張でスマホを紛失したことがあります。

その際も電話だけで、SIMの通信停止、新たなSIMの発行、Googleの遠距離データ削除で対応をし、何も問題は起きませんでした。

ある程度のネット知識がある人であれば誰でも問題なく対応が出来る内容です。最近では三大キャリアも類似プランを販売開始しましたが、こちらは店舗対応は不可能です。もしものことを考えるなら料金的にも格安SIMを選択する方がいいかと思います。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる