【金融教育】カードゲームエコノミカをやってみた

PVアクセスランキング にほんブログ村

私には小学生以下の娘が3人います。
以前より金融教育をどのように行えば良いかと悩んでいました。

今後日本の人口の減少が更に進み、子供たちが高齢になる頃には年金も今より減っている事が予想されます。

そんな中子供たちには、可能な限り増やす力を付けておいてあげたいと考えるのは私だけではないはずです。

しかし、子供に金融の教育なんてまともに聞いてくれません・・・

私自身もまだまだ知識があるというレベルでもなく、人に教えるのなんてというレベルです。

そんな時エコノミカという金融知力を高めるカードゲームの存在を知りました。

この記事はエコノミカを実際に体験した感想を書いた記事となります。

皆様の参考になれば幸いです。

目次

金融教育カードゲームエコノミカとは

運営団体「金融知力普及協会」

全ての人々に金融知力の重要性ならびにその重要性を知っていただき、その金融知力を身に着けていただくためのお手伝いをする特定非営利団体。

こちらより発売している、ポケモンカードゲームのように遊びながら金融知力を身に付ける為のカードゲームのことです。

SMAMカップと称し2019年には第4回全国大会も開催されています。

非営利目的の団体だけあってカードゲーム自体の値段も安めに設定されています。

カードの材質、クオリティも高めだと感じます。

金融教育カードゲームエコノミカのカード種類

写真上から

①アセットカード(青、黄、緑、赤)

フローゾーンに出すカード。カードの向きでアセットの価値を表す。

預金、日本株、ドル、ゴールドのカードがありそれぞれの名称と起こるイベントによって、現実世界でのお金の動きが学習出来ます。

②イベントカード(茶)

いろいろな効果を持つカード。左下の数字の分だけその色のアセットの価値を上下させる。

インフレーション、デフレーション、円安、円高などのイベントを発動することで、どのアセットカードの価値が上下変動するのかが学習出来ます。

③リスクヘッジカード(ピンク)

相手のターンに相手のイベントを妨害するカード。金融知力(詐欺から身を守る)、ビルトインスタビライザー(イベントを無効にする)、NISA(自分のアセットの価値減少を防ぐ)などがあり、自分のアセットカード(資産)を守ることの重要性が学べます。

金融教育カードゲームエコノミカの遊び方

・コスト0のアセットを3枚、フローフィールドに伏せて置く。
・残りのカードをよくシャッフルし、裏返して山札置場に置く。
・山札の上から4枚を取って手札にする。
・じゃんけん等で先攻か後攻かを決める。
・伏せておいた3枚のアセットを表にする。


1)準備
・山札から2枚カードを引く(一番最初の先攻の場合のみ1枚)
・手持ちのカードがある限り、イベントやアセットを使用できる。
・ターン終了を宣言し、相手のターンになる。
・ターン終了時に7枚以上手札がある場合は、6枚になるようにカードを
 捨てる。


2)自分のターン
・相手がイベントカードを使用した際に、対応するリスクヘッジカードを
 持っていれば、使用できる。


3)相手のターン
下記の場合はゲームを終了する。
・ストックフィールドに5枚のアセットがたまった時 ⇒ 勝利
・フローフィールドにアセットが1枚もなくなった時 ⇒ 敗北
・山札が底をついた時 ⇒ その時点でストックの多いほうが勝利


4)ゲームの終了

金融教育カードゲームエコノミカの遊んだ感想

小学生3、4年生の娘と遊びましたが2人ともとても面白いと大興奮でした。

私としてはこのゲームは金融知力を上げるための入り口としてはとても優れていると思います。

子供に難しい金融ワードを教えることは至難の業です。

このゲームであれば楽しみながら自然に金融ワードを覚えることが出来ます。

金融知力が低い原因の一つに学校では教えてもらえない、知らない言葉が多いというとこが挙げられます。

知らない言葉は理解する前に諦めてしまう人がほとんどです。

難しい、めんどくさい、知らなくていいという思考になってしまうのではないでしょうか。

ですが、知らないことで損をすることが多くあります。

自分の子供に損をさせない為にも、金融の入り口に立たせてあげるツールとしてこのゲームは有効だと思います。

子供は興味を持てば勝手に調べ、どんどん知識を吸収します。

柔軟な思考の今の内から色々な可能性に触れさせてあげてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる