6月資産運用状況まとめ

PVアクセスランキング にほんブログ村

こんにちは、かえ夫です。
6月の資産変動状況をまとめていきます。

こちらは長期投資をまとめているため、短期投資に関しては記載していません。

今年の3月からETFへの投資を増やしていったため、投資比率がだいぶぐちゃぐちゃになっています。
前月まで新興国株の比率がかなり高かったため、6月でiDeCoの新興国株式はすべて売却して調整しました。

目次

投資先(個別)別運用金額

追加投資前月比(±)累計損益運用益
146,191円+43,623円+811,091円122.1%

現金比率を下げるため、追加投資資金は多めに入れています。
投資も含めると毎月大赤字です。

今月は今までiDeCo、NISA、ETFが管理されていいなかったことを見直しました。
見直したことにより新興国株式が予定に対してかなりの割合になっていたためリバランスを行いました。
VWOエマージングの売却
EXE-i 新興国株式ファンド(DC)の売却 →野村外国債券へスイッチング


比率が低かった国債とコモディティを買い増し
TLT(米国20年債)買い増し
GDXJ金鉱山株買い増し


投資先(グループ)別運用金額

投資信託は色々な国に分散されている商品もあるため、実際は完璧にこの通りには分けられませんが、そこまで細かくは管理していないためこの6つのグループで見ています。
今後ビットコインや新興国をもう少し細かい国へ分けていくことも検討しています。

個別運用で言った通り、新興国株を減らし、米国債、コモディティが増えているのが分かります。

投資先別運用割合

理想の内訳が今私が目指している投資比率です。
実際は現金や保険、その他投資もあるので資産の内訳ではないですが、私が今求めている株、債券、コモディティの理想比率です。
これから利上げによる株価の下落を想定しています。
そのため米国債を多めに持っています。
さらに米国債を10%程上げて新興国株、米国株を5%づつ増やすのか、このままの数値を維持するのかを今後検討します。

まとめ

世界的に物価指数が高い水準で推移しています。
これが続けば米国の利上げの時期が早まるのではないかという市場懸念があります。
現状の利上げ予想は2023年に2回の利上げが見込まれており、これが早まれば米国株は下落します。
下落時に積み増し可能な余力は常に残しておこうと思います。

まだ投資をやったことがない、全然分からないという方。
初心者の方へのオススメ投資本の4冊をまとめた記事があるため参考に一冊読んでみてください。


お金の勉強で今一番分かりやすい本はこちら▼

¥1,540 (2021/05/18 23:04時点 | Amazon調べ)


ではまた。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる